So-net無料ブログ作成
検索選択

プーアール茶の特徴と効能?便秘解消、脂肪燃焼などの熟茶と生茶の秘密 [便秘・宿便]



プーアール茶の熟茶と生茶の違いや特色、効果効能などを解説します。

中国茶には、緑・黄・白・青・黒とそれに紅茶と6種類のお茶があります。プーアール茶は、黒茶の仲間です。

経年によって茶葉を熟成させた「生茶」というタイプもあります。

一方、日本で知名度があるプーアール茶は、緑茶をコウジカビで発酵させた「熟茶」です。

最近では、生茶を取り扱うお店を見かけるようになりまして、種類が増えてきて愛好家の間で喜びの声が上がっています。

熟茶は独特の甘みと柔らかなとろみがあります。

生茶は苦味と渋味が一体化していて本来のお茶らしい味わいを楽しめます。

ここでは、主に熟茶について見ていきましょう。

発酵によって健康成分が増加

プーアール茶の熟茶を作るには、茶葉を高温高湿の室内に放置して、コウジカビを活用して人工的に発酵させるのが特徴です。

この「渥堆」(あったい)と呼ばれる工程で、茶葉の成分が大きな変化が起こます。

具体的には、カテキンが「重合カテキン」や「没食子酸」(ぼっしょくしさん)といった成分に変化します。

これらの成分には脂肪分解や脂肪溶解を促進する作用があるので、熟茶でダイエットに成功している事例をたびたび聞きます。

また、渥堆の最中ではプーアール茶は独特の風味に深みがまして暗褐色になります。

プーアール茶独特の甘みが増加していて、高分子多糖類を生成しているからです。

他にも様々な成分が生成されているので、健康茶として確固たる知名度を獲得しています。

 プーアール茶を飲み過ぎて、果たして副作用があるでしょうか?

お腹の具合がよすぎて下痢気味になる人もいます。

プーアール茶の入れ方を知らない人は、抽出し過ぎると濃すぎてカフェインに拒否反応を示すかもしれません。

特に妊婦の方は適量を守るほうが良いです。

プーアール茶を飲んで、便秘解消を超えてお腹を壊しやすい方には様子を見ながら飲む量の加減するのをオススメします。


▼▼▼イチオシはコチラ▼▼▼
134万人が感動したダイエットプーアール茶

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0