So-net無料ブログ作成
検索選択

肥満ダイエットと中年太りダイエットの相違点と改善方法 [ダイエット全般]

中年太りのダイエットを成功するためには何が必要でしょうか?

通情の肥満と年齢を重ねたゼイ肉の中年太りの違いが何かを理解することが大切です。

つまりそれがわかると対策もわかってきます。

 何を食べても太るのは本当でしょうか?

お腹についた贅肉の原因が気になります。

お水を飲んでも太るという言葉があります。

何時頃から食べ過ぎたわけでもないのにお腹や腰回りにゼイ肉がつき始めて、痩せにくくなったのでしょうか?

いわゆる中年太りと表現されています。

遺伝、ストレス、ホルモンの影響、生活習慣などが様々な原因が関連して肥満にも個人差があります。

一方で中年太りの原因はとてもシンプルです。

基礎代謝が低下することと、筋肉量が落ちることです。

どなたでもこの二点が大きな原因によって中年太りに陥る不安に苦しんでいます。

 人間は動かなくても内蔵を自律神経で動いていて生きているだけで消費する基礎代謝というものがります。

20代よりも50代では1日の基礎代謝が160キロカロリー以上も低下するとは驚きました。

つまり、同じ食品を食べていても、毎日お茶碗一杯分くらいのゼイ肉がついてしまう恐れがあります。

「食べていないのに太りやすい!」という理由です。

さらに、歳を重ねるごとに筋肉量が低下するので、頑張って運動してもエネルギーが消費しにくい体質になってしまいます。

同じものを食べても体重が増えやすくなり、同じ運動量であっても痩せにくい体質になります。

このような体質の変化が中年太りの現実です。


■中年太り解消の秘訣

中年太りは痩せにくいイメージが強いですが、その原因がシンプルなので、実は誰でも痩せることはできます。


【1】食習慣を変える

基礎代謝がおちているので、以前と食べる習慣を変える必要があります。

食事量を減らそうとするとストレスがどんどんたまりやすいです。

それよりも160キロカロリーを減らす食習慣を実践できるようになれば普通の食事で構わないです。

例えば飲み物をビールや炭酸飲料よりも、0カロリーのお茶に置き換えるのをオススメします。

好きなのもはティーライフのダイエット茶【メタボメ茶】です。


【2】運動して筋肉量をふやす

無酸素運動の筋トレを実践して、筋肉を増やすように意識しましょう。

腕立てやスクワットなどをして、筋肉量が増えると基礎代謝も高まるので一石二鳥です。


ティーライフ ダイエット茶メタボメ茶

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。