So-net無料ブログ作成
検索選択

花粉症対策のお茶等!鼻下の乾燥肌、くしゃみ目の痒み予防改善 [花粉症・ハウスダストアレルギー・PM2.5]

花粉症の人の三種の神器といえば、「マスク」「ティッシュ」「目薬」は、絶対に手放せない必須アイテムです。

それと同時に「化粧崩れがヤバイ」というトラブルも発生することになります。

たとえマスクに口紅がクッキリへばり付いてしまったり、ティッシュで鼻をかみすぎて鼻の脇や鼻下がガサガサして乾燥肌!

最終的には目薬で“パンダ目”になると目の周りがひどい有様すぎます。

そこで、花粉症トラブルを防ぐテクニックを検証します。


■花粉症に効くお茶

今までの花粉症対策とは全く違い眠くならないのが嬉しいです。

たった1杯でその効果が実感できるノンカフェイン健康茶を試したら…

スースーして気持ち良いです\(^o^)/

↓↓↓詳しくはコチラ↓↓↓
えぞ式 すーすー茶


■鼻下のガサガサ対策

鼻下の乾燥肌には“リップクリーム”を塗ってみてください。

鼻水が垂れ流しになるとティッシュで何回もかんでしまいます。

その間に、鼻下がガサガサになっていると手遅れです。

こうなると女性の品格が限りなくダダ滑りです。

挙句の果てにファンデーションを厚塗りして乾燥肌を隠そうとしてしまうと、さらに違和感が目立たせてしまい逆効果です。

応急処置として、保湿成分のあるリップクリームを鼻の下に塗りましょう。

メンソールなどスースーするタイプの使用は控え、保湿効果の高いリップがオススメです。


■マスクを使うときのコツ

『マスクをつける時は“グロス”を使わない』のが基本です。

花粉症対策として、マスクは必需品です。

しかも、すっぴん隠しでも有効活用できるアイテムです。

しかし、薄化粧でもディープメイクをしていてもマスクの内側に口紅が必ずへばりついて、グロスが落ちてしまいます。

それを毛嫌いしてマスクを付けるときには何も塗らない人も多いです。

時間を使ってキッチリ決めたメイクであっても、リップが乱れていると華麗さが減少してしまいます。

その結果、マスクを取った時には落胆する度合いが大きくて残念な様子になります。

ならば、ベタベタしている“グロス”は使用しないで、指で軽く叩く程度で口紅の色彩を色付けるくらいがイチオシです。

またクリームチークを合わせて唇に使えば、血色良く自然にメイクできます。


■パンダ目対策

パンダ目対策にはクリームタイプの“アイシャドウ”を使用して下さい。

目が痒くなる度に目薬をさすのは避けるべきです。

アイメイクが崩れて“パンダ目”になりやすいのがかっこ悪くて花粉症の厄介なところです。

ウォータープルーフのマスカラ&アイラインは絶対に使って欲しいのですが、今回おすすめしたいのが“クリームタイプのアイシャドウ”です。

クリームタイプのアイシャドウは、ナチュラルな発色が魅力。少し硬めのテクスチャーのものを選び、指でトントンとのせ、ヨレ防止のためにも仕上げにフェイスパウダーをオン。肌への密着度が高まり、パウダータイプのアイシャドウより崩れにくくなります。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。