So-net無料ブログ作成

南雲吉則氏も大絶賛!ゴボウは若返るエイジングケアが凄い! [ごぼう茶]

ゴボウは繊維ばかりで栄養価がないと言われたこともありましたが、今やアンチエイジング、「若返りの妙薬」として世界的にも注目されている。

テレビ出演や執筆活動などで有名な南雲吉則医師は今年で61歳を迎えたのだが、30代と言ってもいい風貌と肌つやをしています。

「ゴボウ茶を飲むと20歳若返る!」(ソフトバンククリエイティブ)などの著書でゴボウ茶の秘密や効能を述べている。

ゴボウに含まれているサポニンなどのポリフェノールの効果です。

抗酸化力が強く、内臓機能や肌などの老化を防止します。

 サポニンは、植物などに広く含まれている配糖体の一種です。

コレステロールを減少してくれたり、過酸化脂質の生成を抑えてくれて動脈硬化を予防してくれます。

また、ゴボウに含まれるアクチゲニンという成分が記憶障害を改善してくれることが評判良いです。

認知症予防など脳の老化予防にも効果が期待できます。

さらにゴボウには亜鉛も含まれていて、性欲増強の働きもあります。

想像以上の若返りアンチエイジング効果を最大級に受取ることができます。

いいことづくめのゴボウだが、効果を高めるための食べ方があると、南雲氏はアドバイスしている。


ごぼう茶の効果UPの食べ方

毎日食べるのが理想ですから、南雲氏はゴボウ茶を毎日飲んでいるそうです。

ゴボウの皮は剥かない!アク抜きしないでください。

そもそもごぼう皮には食物繊維『イヌリン』が大量に存在しています。

また、野菜等のアクを抜くのは蓚酸(しゅうさん)というえぐみを取るのが目的です。

ゴボウには蓚酸が入っていません。

ゴボウを水にさらした時に茶色になるのは、ゴボウの成分のイヌリンなどのポリフェノールです。

重要な栄養素を流してしまうのはもったいないです。

ゴボウ茶の作り方

きんぴらやらサラダやら、食べ方はいろいろあるので飽きないで続けられそうだが、さらに関心のある方はゴボウ茶を作ってみてはどうだろう。南雲氏は作り方も教えている。

【1】ささがきしたゴボウを2~3時間天日干します。

【2】フライパンでパリッとなるまで10分程度空煎りする。

【3】炒ったごぼうをお茶パックに入れ、やかんや鍋などで好みの濃さに煮出して飲んでください。


ゴボウ茶

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0