So-net無料ブログ作成
認知症・アルツハイマー予防改善 ブログトップ

脳が若返るアロマ!認知症予防・記憶力アップの天然由来オイルを紹介 [認知症・アルツハイマー予防改善]

昼用/夜用ブレンドアロマ 468 x 60



BS放送で「たけしの家庭の医学」というテレビ番組が

再放送され、認知症予防アロマが評判高いです。

放送から2か月ほど経ちましたが、

まだまだ問い合わせが止まりません。


脳細胞を活性化して、若返りたいなら

使わないともったいないです。

オーガニックオイルですから、

安心して毎日使えるのがうれしいです。


記憶力アップ、リラックス効果のほかに、

認知症予防に役立つアロマの効き目は侮れません。


 帰省時にご両親、彼女彼氏など、

プレゼントにおすすめです!


━━━━━━━━━━━━━━━
◆なぜアロマが認知症予防になるの?
━━━━━━━━━━━━━━━

 近年の研究で、認知症を発症すると、

海馬(=記憶を司る脳神経)に直結した

嗅神経(=嗅覚を司る神経)が

最初にダメージを受ける、とわかってきました。


嗅神経のダメージが少しずつ海馬に伝達して、

記憶機能を破壊しながら、脳全体の機能を低下させていく、

これが認知症を発症する過程です。


この過程の発見から、

嗅神経のダメージを軽減・修復できれば、

認知症の予防や改善は不可能ではない、

と言われています。


━━━━━━━━━━━━━━━
◆認知症予防アロマの使い方や注意点
━━━━━━━━━━━━━━━

エッセンシャルオイルは

化学合成された香りではなく、

天然のアロマオイルを使い続けてほしいです。


合成オイルでは絶対に発揮しない

自然成分だけが醸し出せる効き目を期待できます。


人間であれば、

昼は「交感神経=体を活発に活動する」、

夜は「副交感神経=穏やかな気分」

と呼ばれる2つの自律神経を切り替えながら生きています。

生活リズムが整うよう、

それぞれの神経の働きを高められるのが

「昼用アロマ」:ローズマリー+レモンの組み合わせ

「夜用アロマ」:ラベンダー+オレンジの組み合わせ

と言われています。


昼用アロマは、

午前中に、2時間以上嗅ぐと脳をどんどん活性化してくれます。


夜用アロマの場合、

就寝1時間前から、嗅ぐことで脳をリラックスしてくれます。


嗅覚の活性化(オン)と、沈静化(オフ)を繰り返すことで、

においを感じる嗅神経とともに

記憶をつかさどる海馬も活性化しやすいです。


香りを嗅ぐだけでよいので、努力根性は一切不要です。


◆詳しい内容は以下からご覧ください。

⇒ ハイパープランツ 昼用/夜用ブレンドアロマ


昼用/夜用ブレンドアロマ 250 x 250

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

認知症・アルツハイマー予防改善のサプリメント厳選集 [認知症・アルツハイマー予防改善]



アルツハイマー病の患者や、初期症状の思考障害や記憶障害の人には、周りの関係者の感情を真似する傾向があるとの最新の研究結果が発表されました。

アルツハイマーの特徴としては記憶の忘却と現実の把握ができないことです。

けど感情がこれだけぶれているとは知りませんでした。他者の怒りや悲しみなどの感情がアルツハイマー病の患者さんに影響を与えているとは予想外でした。

業界用語では情動感染と呼ばれているようですけど、要するに真似と移るということです。

赤ちゃんがお母さんの真似をするのと似ているのかと思います。

感情共有と感情移入の二つは、幼児であれば成長の第一歩ですけど、
アルツハイマーや認知症の方になると退化した意味になるのでしょうか?

私の祖父はまさにこの理屈に合致しています。

孫の私の名前を間違えていたけど、軽い認知症でも意識ははっきりしています。

そんな祖父が今では血管につながれてモルヒネを打たれて寝たきり状態になってしまいました。


 米国アルツハイマー病協会の発表によると、米国では高齢者の3分の1が死亡時にアルツハイマー病や他の認知症という事実があります。

日本は高度高齢化社会に突入していて、アルツハイマー病と各種認知症の予防と改善法方法が必要です。

そこで、評判が高いのが【セ・シ・ボン】です。

世界で初めて「幸せ脳内物質」のセロトニンを増やし、セロトニン神経を活性化すると言われる「ラフマ葉エキス」を、1粒中に何と38mgも配合しています。

アルツハイマーや記憶障害の他に、ガン、心臓疾患、脳血管障害、糖尿病、高血圧などの生活習慣病にも良好な効き目が立証されています。


コメント(0) 
共通テーマ:健康
認知症・アルツハイマー予防改善 ブログトップ