So-net無料ブログ作成
検索選択
オレイン酸・リノレン酸が生活習慣病・うつ病改善 ブログトップ

オレイン酸・リノレン酸の食用油が生活習慣病・うつ病改善に!? [オレイン酸・リノレン酸が生活習慣病・うつ病改善]

料理でお使いの食用油は何を使っていますか?。

昔は、西洋では医療用として良質な油を飲んでいたそうです。

脂の汚れは脂で落とす!体内の中性脂肪を落とすには油脂が必要です。

良質な油を選んでいますでしょうか?

脂の本質を理解している方々の間で人気のなのが、


 ■AJINOMOTO オレイン酸たっぷりべに花油 600g

 ■BERIO エクストラバージンオリーブオイル 1000g


スーパーやデパートではかなり高価ですけど、今だけ割引中の情報を入手したのでご提供します。

完売や終了の際はご了承して下さい。

フィニッシュオイルは、乾性油のべに花油が良くて、味の素が一番オススメです。

オリーブオイルなら「エキストラバージンオリーブオイル」は臭みなくサラダのドレッシングでも使えるし、血液サラサラになりやすいです。


■脂が生活習慣病やうつ病の改善に!!

 実は、脂肪が健康促進に重要なのを知らないで、粗悪な油を摂り続けると後悔する事態になるかもしてません。

質の良い食用油が、美肌や生活習慣病予防、ストレスに負けない精神力などに働くのをしっかり理解して欲しいです。
 
 その理由を説明を紹介したいと思います。

【1】まず、そもそも我々がいう食用油とはどんなものなのか。

食用油は脂肪酸トリグリセリドといい、脂肪酸という長い鎖状の分子3本が一点で繋がったような形をしています。

この脂肪酸には種類が複数ある。

例えばオレイン酸・リノレン酸・ステアリン酸・アスパラギン酸というものがある。

油脂はこれらの脂肪酸がランダムに組み合わされたトリグリセリドの総称のことである。

また、油脂にどのような脂肪酸が含まれているのかは、油を抽出したものに由来します。


油脂の脂肪酸はオレイン酸4に対してリノレン酸1の割合が、最高です。医療用になります。

オレイン酸は一般的な食物油に含まれています。

油は必要な栄養素であると同時に、取りすぎは肥満・成人病の原因となる。

更に、最近の研究で鬱病と関係性があることが分かってきています。

特に、オレイン酸ばかりとっていると、体中に吸収された油が蓄積されてしまうことが、鬱病の原因のひとつであるらしい。

次に、リノレン酸だが、これは魚に良く含まれている脂肪酸です。

リノレン酸がオレイン酸と大きく異なる点は、リノレン酸は、先ほどの「蓄積された油」を洗い流してくれる効果があります。

しかも、リノレン酸だけ食べていれば一番健康に良いという訳ではないのが面白い。

黄金比があって、「オレイン酸4: リノレン酸:1」の割合で油を摂取した場合に、体内に蓄積された油が最も効率よく落ちるのである。

まとめると、4:1は体に蓄積された油を洗い流してくれて、生活習慣病や鬱病の予防につながる可能性がある食用油ということです。

この黄金比の食用油は医療用になるので、処方箋が必要になります。

ですから、極力この比率に近い油を日常生活で使うのがベルトです。

そこで、人気なのが、

 ■AJINOMOTO オレイン酸たっぷりべに花油 600g

 ■BERIO エクストラバージンオリーブオイル 1000g

 
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
 ★注目サイト一覧★

釈由美子愛用!全身やせる夜トマトダイエットサプリ

投資家の借金瞬滅!資産運用の負債帳消し債務整理の相談無料

内緒で借金OK!派遣女性のキャッシングでリボ払い不要



共通テーマ:健康
オレイン酸・リノレン酸が生活習慣病・うつ病改善 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。